レイクの審査で重視されるポイント

lake01
新生銀行が提供している個人向けの無担保ローンレイクは、2種類の無利息サービスを用意するという個性的な商品です。
大手消費者金融が使用していたブランドを買い取って使用しているので、
銀行カードローンに分類されるという点もレイクのユニークな部分です。

銀行カードローンは銀行法という法律に則って業務を行っているので、貸金業者に適応される総量規制の対象にはなりません。
つまりレイクは、借入総量を年収の3分の1までに制限するというルールの対象とはならないという事になります。

借入総量により法律の規制を受ける事はありませんが、他社借り入れが重要なポイントとなる点においては貸金業者のカードローン同様です。
借入が多くなればなるほどレイクの審査に通る確率は低くなっていきます。
レイクの審査に申し込む前に、他の業者からの借入は少しでも減らしておく事が通る確率を高くする効果があります。

レイクは、国内に居住している満年齢20歳から70歳までの安定した収入を得ている人を対象とした商品です。

アルバイトやパートタイムでも利用可能であり、最高で500万円まで利用する事が出来ます。

他社借り入れが審査で重要なポイントとなるという事は、借入がない段階であれば通る確率は高くなるという事です。
特徴的なサービスを提供しているという事も考え合わせると、早い時期に検討する事が適当な商品と言えます。

order_btn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です